投資の流行の理由|査定額をアップさせる不動産売却のポイント|会社と連携する
男女

査定額をアップさせる不動産売却のポイント|会社と連携する

投資の流行の理由

硬貨

世帯数が増え需要も多く

日本では、不動産の需要が高まっていることもあり投資を行う人も増えています。その背景として、核家族化が進んでおり少人数の家庭が増えてきたことが一因になっています。以前は大家族で大きな家に住むことが多くなっていましたが、近年では一人暮らしをする人が激増しています。そのためワンルームマンションなどの単身者向けの不動産が人気になっており、不動産投資を行う層にもワンルームマンション投資が浸透してきています。費用も安く済むため、初心者が不動産投資を始める時に一番最初に候補として上がる投資の手法です。投資向けのマンションは都市に集中していることもあり、住む人が継続的に確保できることも魅力のひとつとなっています。

単身向けなら安く買える

不動産投資の魅力は、投資では思うように利益が得られない場合でも最終的に不動産が手に入ることです。空室になることが思っていたより多かったという場合でも、ローンを支払い終えたマンションを売却した場合トータルでプラスになることもあります。この購入時と売却時の金額の差を利用することができるのも、不動産投資を行う人が多い理由のひとつです。自分が家を持っている間は人に貸して利益を上げることができ、必要なくなった場合には売却して更に利益を得ることができる点が大きなメリットとなっています。必ずしも売却しなければいけないというわけではなく、自分や家族が暮らす家として残しておくこともできます。ローンが支払い終わっていれば、家賃もなく格安で住むことができます。